院長からのご挨拶

まつばらホームクリニック 院長の松原と申します。
これまで大学病院、 都立病院を中心とした基幹病院で内科、循環器内科医として勤務していました。
現在の医療の問題として

  1. 慢性疾患を抱えた高齢者の再入院
  2. 回復期リハビリ後のリハビリの中断
  3. ホスピス入院が行えない多くのがん患者の緩和医療
  4. 認知症患者の医療提供の不十分な状況

が挙げられます。
こういった社会問題を取り組むためにここ数年訪問診療を中心に行い、2015年5月1日西東京市(保谷駅周辺)に在宅療養支援診療所を開設致しました。地域の皆様に安定した在宅医療を提供したいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


松原 清二

院長 松原 清二

●略歴
東京医科大学卒業、東京医科歯科大学附属病院、 長野県JA厚生連北信総合病院、都立大塚病院、都立豊島病院にて勤務、その後武蔵野総合クリニック在宅診療部部長 副院長、ホームクリニックなかの副院長にて訪問診療を中心に行う。

●資格
日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、日本プライマリケア連合学会指導医、認知症サポート医

新着情報

ページトップへ