「心疾患と突然死」在宅診療NOW

何十年もの間、心臓の病気を患っており、退院しても10日程度ですぐに入院してしまうということを繰り返している60代の男性がいました。心不全の影響でお腹はいわゆる蛙腹(かえるばら)で膨れ上がっており、退院すると心不全が悪くなってしまうため、足のむくみに加え、陰嚢部まで大きくなって股間部が擦れてしまい、歩けなくなってしまうということもたびたびでした。

まつばらホームクリニック『ラジオ在宅NOW』

しかしながら、年末の「年末年始は自宅で過ごしたい」というご本人の思いは強いものがありました。「自分で台所に立ち、好きな物を作って食べたい」という話をされており、実際、夜に診察に行くと、ダイコンの皮を包丁で剥いたり、鍋でグツグツ煮込みを作っている姿がありました。こちらとしても、「家でこのまま生活させてあげたいな」と感じたものでした。

治療としては、平日は数時間ほど点滴で強心剤や利尿剤を使ったり、お腹に直接針を刺して腹水を抜くということをしました。その結果、再入院を遅らせることができ、退院から20日以上たったときには、ご本人からえらく感謝され、「自宅でここまでしてくれて、本当に気持ちの中の突っかかりが取れた」とまで言ってくれていました。

ところがある日、意識をなくし、台所で顔面を打撲し、流血するということがありました。もともと危険な不整脈があり、体に除細動器を入れていたので、「また不整脈が再発したのでは」と考え、命の危険を考慮して入院の手はずを取りました。入院中も不整脈が多発したようで、しばらくして薬で落ち着かせることができ、退院にこぎつけたものの、すぐに不整脈を再発させて、病院に搬送されるも、残念ながら息を引き取られてしまいました。この方は入院中、延命治療は希望されていなかったようです。

救急病院の勤務医をしていた時には心疾患という性質上、すぐに命に関わる状態のときはどうするかについて、入院当日に患者さんご家族からご意向を聞いていたものですが、在宅診療を行っている今は、比較的状態が落ち着いている方が多く、なかなかそういう話はしづらいなあと思うことが増えています。しかし一方で、やはり急変時の話をしっかりしておかないと、ご本人の望まない最期になってしまうなあと考えさせられました。

●PDF版でご覧いただく方はこちらより
Dr.matubara 2020-3

検索

クリニック概要

医療法人社団 颯凌会
まつばらホームクリニック


〒202-0012
東京都西東京市東町4-14-18 かえでビル2FB
TEL:042-439-1250
FAX:042-439-1251

●お電話受付時間
AM9:00~PM6:00

●主な訪問地域
西東京市、練馬区の一部、新座市南部、東久留米市の一部、武蔵野市の一部


まつばらホームクリニックの診療地域
訪問地域詳しくはコチラ

当院の紹介動画

  1. まつばらホームクリニックの紹介動画

    2020.03.05

    当院の紹介動画です。

  2. ケアマネージャー募集中

    2020.02.19

    ケアマネジャー1名募集(求人情報)

  3. 2019.02.26

    終活スッキリセミナーに院長が登壇しました

  4. 在宅医療とは

    2018.12.04

    西東京市の在宅医療

  5. まつばらホームクリニック

    2018.12.04

    老後スッキリセミナーにて講演しました

  1. まつばらホームクリニックの紹介動画

    2020.03.05

    当院の紹介動画です。

  2. ケアマネージャー募集中

    2020.02.19

    ケアマネジャー1名募集(求人情報)

  3. 在宅医療とは

    2018.12.04

    西東京市の在宅医療

TAG