「排便について」 在宅診療NOW

タウン通信 まつばらホームクリニック

まつばらホームクリニックの訪問看護認定看護師 齋藤雅子です。

今回は排便についてです。
便秘や下痢、排便困難でお悩みの方がいらっしゃいます。「毎日出ないとスッキリしない」「オムツを開くたびに便が出ている」「便が出にくくてトイレに20分座っている」などです。

訪問看護認定看護師 齋藤雅子

Aさんは90代の女性。医師が処方した下剤を服用しても、訪問看護師が浣腸しても、1週間、便が出ません。ご家族は、便が出てないのに食べさせたらお腹が苦しくなるだろうと、食事量を減らしていました。

そこで十分な量を食べるようにしてもらったところ、便が出ました。Bさんは90代の男性。便が硬くて出なくて大声を出したり、落ち着かなくなることがたびたびありました。下剤を増やしても、いきむ力が弱く出せません。

そこで看護師が定期的に訪問して、浣腸と便を掻き出す処置を行うようにしました。それから、水分を1日1Lを目指して飲むよう促しました。すると、便で苦しむことがなくなり、介護している奥様も安心して過ごされるようになりました。

Cさんは80代の男性。便秘をしていたため、市販の下剤を飲んだところ、下痢便が出続けているとのことでした。直腸内を触診すると、便がソフトボールのように固まっていました。腸と便の塊の隙間を縫って、下剤で緩くなった水のような便が出ていました。

便の塊を出すと、溜まっていた便がたくさん出て、水様便も止まりました。食事量や水分摂取量、運動量、加齢による腸内の善玉菌の減少により、便は出にくくなります。あるいは、下痢だと思っていても、実は便秘ということもあります。

また便がスムーズに出ると、認知症の方の体調や気持ちが落ち着く傾向があります。排便で困ったときは、訪問看護師にご相談ください。

●PDF版でご覧いただく方はこちらより
Ns.Saitou2020-12

検索

クリニック概要

医療法人社団 颯凌会
まつばらホームクリニック


〒202-0012
東京都西東京市東町4-14-18 かえでビル2FB
TEL:042-439-1250
FAX:042-439-1251

●お電話受付時間
AM9:00~PM6:00

●主な訪問地域
西東京市、練馬区の一部、新座市南部、東久留米市の一部、武蔵野市の一部


まつばらホームクリニックの診療地域
訪問地域詳しくはコチラ

当院の紹介動画

ブログ カテゴリー

  1. 在宅医療最前線 著者:まつばらホームクリニック院長 松原清二

    2020.06.24

    当院の院長 松原清二(著書)『在宅医療最前線〜最期まで家…

  2. まつばらホームクリニック『ラジオ在宅NOW』

    2020.04.14

    日本認知症学会の公示

  3. まつばらホームクリニックの紹介動画

    2020.03.05

    当院の紹介動画です。

  4. ケアマネージャー募集中

    2020.02.19

    ケアマネジャー1名募集(求人情報)

  5. まつばらホームクリニック医師 松原 清二

    2019.02.26

    終活スッキリセミナーに院長が登壇しました

  1. 在宅医療最前線 著者:まつばらホームクリニック院長 松原清二

    2020.06.24

    当院の院長 松原清二(著書)『在宅医療最前線〜最期まで家…

  2. まつばらホームクリニック『ラジオ在宅NOW』

    2020.04.14

    日本認知症学会の公示

  3. まつばらホームクリニックの紹介動画

    2020.03.05

    当院の紹介動画です。

  4. ケアマネージャー募集中

    2020.02.19

    ケアマネジャー1名募集(求人情報)

  5. 在宅医療とは

    2018.12.04

    西東京市の在宅医療

TAG